バリフを本で調べた結果

医薬品に関する知識はネットなどからどんどん持ってくることができます。
その薬の効能、副作用、禁忌事項や使われている国のことなど、あらゆる情報が手に入るのです。
私が最近興味を持ってみているのは、レビトラジェネリックのことで、このED治療薬は主にインドで作られています。
本で調べた結果、インドではバイアグラなど他のED治療薬のジェネリック薬もたくさん作られていることがわかりました。

ジェネリック薬は後発医薬品のことで、オリジナル品と同じ成分を使って作られた薬のことです。
主成分が同じなので、製法と製薬会社は違っても、効能などはすべて同じになります。
なお、ジェネリック薬は特許料を払わなくていいので、その分値段がかなり安くなるのです。
インドのジェネリック薬はAGA治療薬から水虫薬、避妊ピルにまで及んでおり、大量に作られています。
そのため、インドはもはやジェネリック大国と呼んでいいくらい世界的に有名な国になったのです。
インドの製薬会社が作ったバリフは、レビトラジェネリックとしてはメジャーであり、ランキングサイトでかなり上位をキープする人気薬です。

私が調べたのは主のこの薬だったのですが、確かに勃起持続時間もバイアグラよりも長く、食事の影響もほぼなかったりといいことずくめでした。
ただ、副作用が若干強く、胸焼けが長く残ることや、めまいや息切れなどが一時的に起こる点は注目すべきです。
利用した後、朝に頭痛を覚えたとの報告もあります。

この薬はレビトラと同じ成分を使って作られているので、禁忌事項もすべて同じです。
すなわち、心臓病など重い疾患を持っている人が使ってはいけません。
特に硝酸剤との併用は命に関わる危険性を持っています。
医薬品販売サイトでバリフを個人輸入し、実際に利用した友人は、この薬の持つメリットをとつとつと語ってくれました。
彼は32歳にして中折れを経験してしまい、これはまずいぞといろいろ調べて、医薬品販売サイトでレビトラのジェネリックを知り、それを使うようになったわけです。
最初に出会ったのがバリフで、使ってみて相性がよかったからずっと使い続けたわけですが、おかげで中折れも解消でき、経済的にもレビトラオリジナルより安かったおかげで、助かったと話してくれました。
彼のように経済的な理由から日本のクリニックでレビトラの処方が受け続けられない人も、簡単にそのジェネリック薬で同じ効果を得ることが可能な時代になったわけです。
私はバリフのことを本やネットで調べていて、この薬が日本、いや世界のEDに悩む人たちにとって、救いの神になっている現状を垣間見ました。
かつて安い薬は粗悪品とのレッテルが貼られ、インドのジェネリック薬の異常な安さに警戒感が持たれていた時代があったのは確かです。
しかし、それにはすべて理由があり、それがネットによって明らかになった今、レビトラのジェネリック薬の安全性と、値段の正当性が確かめられ、何の心配もいらなくなりました。

Comments are closed.